2018年04月23日

AIによる株価予想〜パイライト〜つぶやく

「AIによる株価予想」・・・

AIを使うことでさまざまな情報をもとにした株価予想モデルがどんどん登場しているようです。

従来なら目を向けなかった情報が反映されたりすることで、株価予想もまた違った時代に入りそうです。

株式指標などを重視したのでは見えない予想もできるようになるみたいです。






「パイライト」・・・

黄鉄鉱とも呼ばれ、硫化鉱物の一種です。

鉄と硫黄からなり、ハンマーなどで叩くと火花を散らす特徴があります。

その特徴からホイールロック式銃の火打石に使われたこともあるそうです。

宝飾品としてはアンモナイトパイライトがあります。

アンモナイトの化石のなかに黄鉄鉱が結晶したものです。





「高齢者財産と信託」・・

高齢者財産継承に信託を利用するという方法があるみたいです。

高齢者は認知症などのリスクもあり、その財産継承でトラブルになることが多いです。

高齢者が元気なうちに遺言をしておけばトラブルも防げるのかもしれないですが、なかなか。

信託の活用が違う可能性をひらきそうです。




続きを読む
タグ:
posted by 金ちゃん at 03:08| 貴金属と投資の話題

2018年04月18日

超高速売買の把握〜ネフライト〜つぶやく

「超高速売買の把握」・・・・

1秒間に売買を何千回も繰り返す超高速取引業者のことをHFTともいいます。

このHFT規制として、2018年4月から高速取引を行う投資家は、金融庁への届け出が必要となりました。

これに合わせて日本取引所グループ(JPX)でも、HFTの売買把握制度導入に動いたのでした。







「ネフライト」・・・

日本では翡翠と総称されるものの一つです。

ネフライトのほかにはジェダイトがありますが、化学的な共通点はないんだとか。

ネフライトの高級品は中国では、和田玉(ほーたんぎょく)とされます。

ちなみに、和田玉は「中国四大玉石」の一つで、その中でも最高の玉とされています。






「投資信託2017年度」・・・

投資信託の2017年度の残高は、15年連での資金流入とのことです。

残高も110兆円と過去最高を記録しました。

日銀の買い入れや、確定拠出年金の対象者拡大、つみたてNISAなどが追い風になったようです。

低金利も背景にあり、貯蓄から投資への流れも進んでいるようです。


続きを読む
タグ:投資
posted by 金ちゃん at 03:07| 貴金属と投資の話題

2018年04月13日

ICOの不正〜トルマリン〜つぶやく

「ICOの不正」・・・

イニシャル・コイン・オファリングで「ICO」です。

仮想通貨技術を使った資金調達の方法です。

このICOでは発行元がトークンを売り抜けて、公表した事業が立ち上がらないというケースもあるようです。

これに対して、実体を伴わないICOを制限するための仕組みが必要になっているようです。





「トルマリン」・・・

電気石とも呼ばれるよく知られる鉱物です。

宝石としてのトルマリンには多彩な色があるだけでなく、それぞれ名前を持ちます。

たとえば無色、紫色、青色、緑色、黄色、褐色、赤色、ピンク、黒色と多様です。

それぞれ名前があるのは、当初別々のものと考えられていたからのようです。







「水素インフラへの投資」・・・・

燃料電池車の普及を目指すとすれば、水素ステーションの普及に対する投資は不可欠な条件です。

水素の補給がないと走れない車ですからね。

ライバルの電気自動車との兼ね合いもあって、先が読めない部分もあります。

それでも投資って、先に進むためには必要なんですね。




続きを読む
タグ:ICO
posted by 金ちゃん at 05:14| 貴金属と投資の話題

2018年04月08日

ロボットアドバイザー〜トリフェーン〜つぶやく

「ロボットアドバイザー」・・・

ロボット・アドバイザー(ロボアド)はコンピューターが資産運用を指南します。

ウェルスナビが提供するサービスです。

SBI証券、住信SBIネット銀行と連携しています。

ソニー銀行でも提供されているようです。

利用者のリスク許容度に合わせて自動で資産配分を決めて分散投資します。






「トリフェーン」・・・・

リシア輝石で黄色のものをトリフェーンと呼ぶそうです。

発見はブラジルで1877年のことでした。

トリフェインという名前はギリシャ語で三つの顔を意味しています。

リチウムとアルミニウムを含む単斜輝石とのことで、リチウム資源としても重要なのかもしれないです。





「ASBJと仮想通貨」・・

企業会計基準委員会(ASBJ)が、仮想通貨をめぐっての会計ルールを2018年3月に策定。

保有する仮想通貨は原則として期末に時価評価するのでした。

価格変動に応じた損益計上する事も定められたようです。

仮想通貨は極端な値動きも話題になっていますが、かなり影響しそうですね。




続きを読む
posted by 金ちゃん at 03:07| 貴金属と投資の話題

2018年04月03日

日銀とETF〜トパーズ〜つぶやく

「日銀とETF」・・・・

日銀が、ETFを購入する理由は何でしょうか。

ETFは上場投資信託のことです。

物価目標を達成する施策のひとつとしてETF購入を位置付けているようです。

ところが、購入額が経年で積みあがるだけではなく、株高で含み益がでたことで、自己資本比率を下げる現象もみられたりしたのでした。





「トパーズ」・・・

宝石としては淡褐色のものが上質とされるようです。

とはいえフッ素やアルミニウムを含み、様々な色のものがあります。

量的には少ないですが、日本でも産出するそうです。

主な産出地はブラジルのほかロシア、タイ、カンボジア、ベトナム、アフリカなどだそうです。






「LINEと野村證券」・・・

証券事業でLINEと野村証券の組合せが2018年にスタートしました。

フィンテック分野への投資からはじまります。

LINEといえばスマホで知らない人がいないほどのアプリの会社。

野村證券は証券会社の大手ですね。

両者の組合せでいったいどんなサービスが生まれてくるのか楽しみです。




続きを読む
タグ:日銀 ETF
posted by 金ちゃん at 05:12| 貴金属と投資の話題

2018年03月29日

TOB〜トパゾライト〜つぶやく

「TOB」・・

株式の大口取引に関する用語です。

「株式公開買い付け」のことです。

日本ではTOBといわれるけど、海外ではこのような言い方はしないそうです。

不特定多数の株主から株式等を買い集めます。

たとえば企業買収とか、子会社化、あるいは自社株買いなどで用いられるのでした。





「トパゾライト」・・・・

色合いや見た目がトパーズに似ていることから命名されたガーネットです。

アンドラダイト系の黄色いガーネットです。

アンドラダイトとは灰鉄柘榴石ともいい、カルシウムと鉄に富む柘榴石です。

ちなみに淡黄緑色の透明度の高いデマントイドは、宝石としてアメリカなどで人気が高いそうです。





「日本取引所グループ」・・・

東京証券取引所グループと大阪証券取引所の経営統合でうまれました。

統合時、世界第3位の規模の市場となったのでした。

本社の所在地は、東京都中央区日本橋兜町になります。

東京証券取引所では現物取引、大阪取引所ではデリバティブ取引が行われ、大阪証券取引所から名前も変わったのでした。



続きを読む
タグ:TOB
posted by 金ちゃん at 05:15| 貴金属と投資の話題

2018年03月24日

PER〜デンドリティックアゲート〜つぶやく

「PER」・・・

株投資の参考になる指標のひとつです。

もし本格的に投資をするなら知っておきたい指標のひとつでしょう。

株価収益率とも呼ばれます。

この数字が高いほど、将来への期待が高いことを示しています。

収益が良くても成長にが期待されていなければ、この数値は上がらないのでした。




「デンドリティックアゲート」・・・

メノウのひとつで、黒や赤色等のシダ状の模様が特徴です。

薄くカットされアクセサリー用に加工されるんだとか。

というのも模様が石の中に0.何ミリという薄さで入っているため。

マダガスカルやインドのケン川が産地として有名だそうです。

内包物はふつうはマンガンなんだそうです。





「原油の協調減産って」・・・

原油の協調減産が続くと、灯油やガソリンの価格が下がらないです。

コストが高い原油も市場に出回ります。

たとえば米国のシェールオイルなど、価格が下がると採算がとれないものも生産可能になります。

でも減産を行うOPECやロシアの収入は減るんじゃないのかな。


続きを読む
タグ:PER
posted by 金ちゃん at 03:08| 貴金属と投資の話題

2018年03月19日

企業の貯蓄と投資〜デマントイド〜つぶやく

「企業の貯蓄と投資」・・・

貯蓄の多い企業ってなんだか安心なイメージがあります。

でも投資しないで貯蓄するだけでは企業としてはどうなのかな。

お金をおいておくだけでは富は生まれないです。

事業に投資して、利益を上げるからこその企業ですからね。

極端なのは危険ですが、投資も大事な事なのでした。







「デマントイド」・・

アンドラダイト系のガーネットで緑色の宝石です。

アンドラダイトとはカルシウムと鉄に富む柘榴石で、灰鉄柘榴石ともいわれます。

ちなみにいうとガーネットとは、柘榴石のことです。

高価で希少できれいな宝石です。

緑の宝石だからといってエメラルドとは限らないです。







「アクティビスト」・・・

アクティビストとは物言う株主のことです。

投資した会社の経営陣へ積極的に提言を行う投資家のことです。

適切な緊張感を持つことは企業経営では案外大事なことのようです。

でも強すぎる関与は経営を圧迫しかねないというデメリットも。

何事もちょうどいいが大事みたいですね。




続きを読む
タグ:投資 企業 貯蓄
posted by 金ちゃん at 03:08| 貴金属と投資の話題

2018年03月14日

金密輸〜ツリーアゲート〜つぶやく

「金密輸」・・・

金を密輸して利ザヤを稼ぐという手口があるそうです。

この利ザヤには消費税が関係しています。

消費税がない、又は低い国から金を密輸することで、消費税分得することになるようです。

悪知恵が働くものですね。

この取り締まりには、財務省が担当しているようです。






「ツリーアゲート」・・・

緑と白の石です。

アゲートとは、縞状の玉髄の一種です。

緑色が混じるから「ツリー」なのでしょうか。

数珠状にしたり、そのままの形で磨いたものを目にすることがあります。

美しいものは宝石としても扱われます。

またパワーストーンとしても取り扱われるようです。







「NISAの日」・・・・

NISAの日というのがあります。

ゴロで、2月13日です。

NISAを盛り上げようといろんな試みがあるようです。

NISA口座やつみたてNISAなど話題になっていますし、たまに投資について考えるきっかけになるといいですね。

キャンペーンやイベントなどもチェックするのもいいかな。

続きを読む
タグ:金密輸
posted by 金ちゃん at 05:07| 貴金属と投資の話題

2018年03月09日

フリーテル買収〜ツァボライト〜つぶやく

「フリーテル買収」・・・

楽天がフリーテルを買収した経緯に携帯業界の戦いを垣間見るのでした。

格安スマホで猛烈に追い上げていたフリーテル。

しかし、それに対して大手が客単価の下げを覚悟して格安スマホを開始しました。

スピードも遅くならない格安スマホには、勝てなかったようです。







「ツァボライト」・・・

グロッシュラー(灰礬柘榴石)系の柘榴石です。

緑色に見えるのは、クロムやバナジウムが不純物として含まれることが理由のようです。

ケニアで産出するグロッシュラーにはクロムを含む濃い緑色を呈したものが出ることがあるようで、透明度が高いとツァボライトとして扱われるそうです。




「JSIF」・・

「日本サステナブル投資フォーラム」の略称です。

ちなみに2016年9月に改名された名称です。

サステナブル投資を、日本で普及・発展させる活動をしている組織です。

起源は2001年に有志で発足された「ソーシャル・インベストメント・フォーラム・ジャパン」だったんだそうです。

続きを読む
posted by 金ちゃん at 05:09| 貴金属と投資の話題